将棋好きのヒロキンブログ

将棋好きの日々の雑記

【将棋】第1回AbemaTV決勝トーナメント 藤井聡太vs佐々木勇気 感想

こんにちは

 

AbemaTVの将棋観戦大好きなひろきんです

 

ついにAbema TV決勝トーナメントが行われました

勝戦藤井聡太七段vs佐々木勇気六段です

藤井総太が決勝進出とはまたネットが荒れそうです

藤井聡太は知っているけど佐々木六段って誰という人は多いのではないでしょうか

佐々木六段は藤井七段の連勝記録を29連勝でストップさせた棋士です

そういうわけで将棋ファンからすると今回の対局は因縁の対決ですね

 

この記事をみている人のなかには

・将棋初心者

・将棋はもっぱら見るだけ

藤井聡太が気になって見にきた

という人も多いのではないでしょうか

 

そういう方のために初心者でもわかりやすいように

今回の対局を説明しようと思います

 

 

Abema TV 決勝トーナメントとは

Abema TV 将棋ってなにと思うかもしれません

簡単にいうと

羽生善治竜王がチェスを参考にした新ルール

・持ち時間が加算式

・超スピード感のある対局(約30分)

といった点が特徴になってます

 

対局時間が短く、プロが解説してくれるため初心者の方でも楽しめますよ

ちなみに解説していた渡辺棋王は解説が論理的でわかりやすいのでファンが多いです

 

つづいて棋士の紹介をします

 

棋士

藤井聡太七段

説明不要の天才棋士

 

何がすごいのって気になる人はリンク先を見てください

 

mhirokin.hatenablog.com

終盤がとにかく強いです、また早指し戦も得意としています

プロになってからは序盤も強くなっているため隙がなくなってきいる印象ですね

どこまで強くなるんでしょうか

今後の成長が楽しみです 

 

shogidata.info -将棋のデータベースサイト-

によると序列3位です

佐々木勇気六段

藤井聡太の29連勝を止めた棋士

で知っている人が多いのではないでしょうか

将棋に詳しくなければあまりしられていないと思います

 

実はすごいんです

6番目の最年少プロ棋士の記録を保持しています

惜しくも中学生棋士にはなれませんでしたが才能溢れる棋士です

また現在でも非常に将棋にストイックな性格であることが知られています

 

内容

1局目

先手:佐々木勇気六段の勝利

 

序盤で佐々木六段の研究していた勝負手がでました

解説もなにこの手って感じでした

藤井七段そう思って持ち時間を使って考えます

しかし、短い持ち時間では読みきれなかったのか終盤で致命的なミスをし敗着

佐々木勇気六段の研究の成果が発揮された

そんな一局でした

 

2局目

藤井七段の勝利

 

佐々木六段が序盤からリードしようと積極的に角を動かします

藤井七段がそんな中隙をみて反撃開始します

その後は収拾不可能なくらいに攻められた佐々木六段が投了

序盤で形勢がつきすぎて実力を発揮できなかった

そんな一局でした

3局目

ここまでお互いに1勝ずつ

この対局に勝った方が優勝

 

3局目の勝者は藤井聡太七段!

 

いや~さすがだなと思いました

期待を裏切らないものですね

しかも対局内容も他の2局に比べて一番見ごたえのあるものでした

 

内容は藤井聡太七段の快勝でした

攻めが精確なので攻めがきれないのが強みだなという印象ですね

あとは決断力の強さ

早指しの対局だと迷っている時間がもったいないのですが

藤井七段はダメな手はすぐに切り捨てるそんな決断力を持ち合わせているとおもいます

 

まとめ

藤井聡太七段の優勝ということで持ち前の強さを見せつけた結果でした

持ち時間が少ない中でも安定して最善の手を指しつづけれる決断力が強さの秘訣なのかなと思いました

今後も藤井七段が活躍することは間違いないと思うので活躍を見守りつづけていきたいと思います